不登校になった際の学校との関わり方について

現代社会において一つの社会問題としても注目を集めている不登校児は、もはや全国で10万人以上とも言われており増加傾向にあります。
子どもを育てている親にとっては心配がつきない問題であるとも言えるのです。

学校を不登校が広く知れ渡ってきました。

不登校の原因は様々なものがあり、友達や学校の先生との人間関係に悩んでいたり、いじめの問題が絡んでいる場合もあります。
さらには親との関係性に悩んでいるケースが一つの要因になっている場合もあるために、その理由を特定することは簡単なことではありません。



子ども自身がきちんとした理由を理解できていないケースもあり、複雑で繊細な問題である事を認識することが大切になるのです。



いずれにしても一番身近な存在である親が、不登校の状況を焦って無理に行かそうとしたり叱ることは避けなければなりません。


日常的に自然にコミュニケーションを図る時間を設けて子どもの変化に敏感になりながらも、何に悩んで苦しんでいるのかをしっかりと聞いてあげる姿勢と受容する事が重要です。その際にもう一つ大切なことは学校との関わり方をどのような形で行っていくかです。本人が何も話そうとしないのであれば、担任や子どもの友人、その保護者などに話を聞くことも一つの方法です。当事者だけの環境では視野が狭くなったりお互いを責めてしまいがちのために保健の先生やスクールカウンセラーに相談することも有効な一つの方法と言えます。

積極的に関わりを持ってくれる学校もあれば、そうでは無いケースも少なくありません。


だからこそ、まずはしっかりと担任などとコミュニケーションを図り、状況の把握と具体的にどのような対応をして欲しいかを伝えることが大切です。

子ども自身の気持ちを尊重した上で、適切に学校とコミュニケーションを図って連携していくことが重要なのです。